ガーデニング初心者が最初にハーブを育てて感じたメリット3つ【料理にもアロマにも】

「ガーデニングを始めたいけど、何から育てよう」と悩んでいませんか? 季節ごとに美しい花をどんどん植え替えるのも楽しいですが、初心者には実用性があって育てやすいハーブが断然おすすめ!

まてぃのアイコン画像まてぃ
僕も始めにローズマリーやレモンバーム等を植えましたが、結果大正解でした。
りりぃのアイコン画像りりぃ
今では収穫が毎年の楽しみになってますよね。

そこでこの記事では、ガーデニング超初心者だった僕が「ハーブからガーデニングを始めた」経験をもとに

  • ガーデニング初心者がハーブを育てるメリット
  • 実用的で育てやすいおすすめハーブ3種

といった事を解説していきます。

目次

ガーデニング初心者がハーブを育て始めたらこうなった

ガーデニングを始めようと思ったきっかけは些細なことです。

『そうだ、ガーデニングを始めよう』

と、急に閃いたのです。深い意味など全く無い。早速ホームセンターに行き、必要そうなものを買い回る。しかし大事なことを忘れてました。

まてぃのアイコン画像まてぃ
何を育てるのか全く考えてなかった!
りりぃのアイコン画像りりぃ
・・・え?順番おかしくありませんか?

ここでようやくイチから始めるガーデニング初心者に向いているのは何かを調べました。

で、育てやすさ・実用性の観点からハーブがおススメ!との結論に行きつき、ハーブの種売り場へ。

その時に買ったのはローズマリー。そのまま食べるのには向きませんが、『食卓のちょっとした彩りになれば良いな』と言うサブテーマがあったのでこれで良し。

早速家に帰ってプランターに土を入れて種をまく。・・・現時点でやること、以上。

りりぃのアイコン画像りりぃ
少なっ!!?
まてぃのアイコン画像まてぃ
いや、ホントこれしか無くて・・・

せめて数増やすか・・・ってことで、ほかの種も買ってきました。

追加:バジル・セージ・青シソ・レモンバーム・ペパーミント・タイム・カモミール

りりぃのアイコン画像りりぃ
今度は多っ!!

まあ結局はプランターに土を入れて種をまくだけなのですが。

増えたのは、どのプランターにどの種をまいたのか分かるように札を付けたことくらいか。

後は毎朝水を適量かけるだけ。いくら何でも適当すぎやしないかと自分でも思ったのですが・・・

約3か月後、どれもこれもすさまじい成長を見せてくれました!

ホントにこれ、毎朝水まいただけなんですよ・・・?

多少成長にバラつきはあるけど、概ね成功と言っても良いのではないでしょうか?

まてぃのアイコン画像まてぃ
正直、ここまで育つとは思いませんでしたけどね。
りりぃのアイコン画像りりぃ
いや、ホントに想定外でしたね・・・

ガーデニング初心者がまずハーブを育てて感じたメリット5つ

一通りハーブを育ててみて感じたメリットは・・・

  1. 水や肥料が少なくても育つものが多い
  2. プランターでも大きく育つ
  3. 収穫して料理に使うのが楽しい
  4. 多年草なら越冬して翌年も楽しめる
  5. 安価で一式をそろえられる

では1つずつ解説していきましょう。

①水やり・肥料が適当でも勝手に育つ

ハーブは基本乾燥を好むタイプのものが多いです。

一部例外はありますが、それでも土が乾いたら水をまく位の感覚でOK。

極端な話、雨に任せても育ってくれるので非常に楽です。

肥料もあるに越したことはないですが、無くてもある程度は育ちます。

これは種まきの時にこぼしてしまったバジルの芽です。

まてぃのアイコン画像まてぃ
肥料なんて全く無いのに普通に芽が出てきました・・・
りりぃのアイコン画像りりぃ
ちなみにこの後抜いてプランターに植え直したら普通に育ちましたよ!

②ハーブはプランターでもしっかり大きくなる

上記の通り、水や肥料が適当でもハーブは育ちます。

当然、プランターにタネをまいても立派に育ってくれます!

まてぃのアイコン画像まてぃ
むしろプランター推奨。地植えは非推奨です。
りりぃのアイコン画像りりぃ
一部のハーブは繁殖力が強すぎて、地植えだと目も当てられないことになりますからね・・・

どうしても地植えしたい場合は、仕切りなどでしっかりと隔離することをお勧めします。

育つかどうかよりも、育ちすぎるのを気にするレベルですから。

③収穫してハーブ料理に使うなど実用的

花や観葉植物は見て楽しむもの。言い換えれば見ることしかできません。

しかしハーブは収穫して料理などに使うことが可能。

そのまま食材になったり、ほかの食材の香味付けや臭み消しになったりもします。

まてぃのアイコン画像まてぃ
丁寧に収穫すれば、しばらくするとハーブはまた生えてきますよ!
りりぃのアイコン画像りりぃ
自分が育てたものが食卓に上がると、感動もひとしおですよ!

もちろん見て楽しむのだって十分アリです。

④多年草のハーブなら冬を越せるので長く楽しめる

ハーブの中には多年草のものもあります。

寒さに強い種類もあるので、冬でも緑を楽しみたい人には良いのではないでしょうか?

また、冬に地表部分を全て刈り込んでも、根さえ残しておけば春になればまた芽が伸びてきたりもします。

まてぃのアイコン画像まてぃ
驚異的な生命力ですよね!
りりぃのアイコン画像りりぃ
その驚異的な生命力を頂こうというのがハーブを使うことになった発端らしいですよ?

⑤ハーブの種はかなり安価なので初心者でも気軽に始められる

ホームセンターで買えるような種は安価なものが多いです。

例えばこのバジルの種。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サカタのタネ ハーブ スイート・バジル 小袋
価格:220円(税込、送料別) (2020/11/3時点)

楽天で購入

これひとつで1シーズンでは使い切れないだけの種が入っています。

また、プランターもホームセンターに行けば色んな種類の物が売られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

素焼風プランターYP-65茶12L
価格:270円(税込、送料別) (2020/11/3時点)

楽天で購入
りりぃのアイコン画像りりぃ
これひとつでこのプランターふたつ分は余裕で植えられますよ!

また、土も簡単に購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有機たいひで育てる ハーブ・香草の土 5リットル
価格:957円(税込、送料別) (2020/11/3時点)

楽天で購入

このようにハーブ用の土も売られていますので、あれこれ悩まなくても大丈夫!

ハーブ用じゃない培養土でもしっかり育ってくれるので、ハーブの他に育てたいものがあるならこういう土を選ぶのもアリです。

育てやすくて美味しい!ガーデニング初心者におすすめのハーブ

育てやすくて実用性もある初心者でもかなり育てやすいハーブですが、その中でもさらにおススメのものをピックアップします。

①青じそ(大葉):ジュースにも薬味にも大活躍

【Amazon】青紫蘇(大葉品種) 種 160粒

  1. 植物名 紫蘇
    学術名 Perilla frutescens var. crispa
    別名 大葉
    まき時・植え時 3月下旬~6月下旬(種)、4月上旬~5月下旬(苗)
    耐寒性 弱い
    耐暑性 強い
    耐陰性 普通

②ローズマリー:肉や魚の臭み消しに

【Amazon】サカタのタネ ローズマリー

植物名ローズマリー
学術名Rosmarinus officinalis
英名rosemary
和名マンネンロウ
まき時・植え時3月中旬~6月下旬・9月上旬~10月中旬
耐寒性強い
耐暑性強い

③タイム:スパイシーな香りは喉の不調にも即効性が

【Amazon】サカタのタネ タイム

植物名タイム(コモンタイム)
学術名Comon thyme
英名Comon thyme
和名立麝香草(タチジャコウソウ)
まき時・植え時3月上旬~4月下旬・9月上旬~10月下旬
耐寒性やや強い
耐暑性やや強い

他にもおすすめハーブはまだまだあるので、また改めて紹介しますね。

【まとめ】思い立ってすぐ始められる!ガーデニング初心者はハーブがおすすめ

初心者でもほぼ枯らす心配がないハーブは、ガーデニング入門に最適な植物です。

春なら種を、秋~冬なら苗を買えばすぐに始められますよ。

今後のガーデニングに必要なものの紹介の記事なども書いていく予定なのでお楽しみに!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ガーデニング歴3年、ブログ歴1年未満。
何もかもが行き当たりばったりの手探り状態。
最初はハーブメインだったが、最近は簡単な野菜も育てている。

コメント

コメントする

目次
閉じる